ウィキバーシティ:多言語主義

This page is a translated version of the page Wikiversity:Multilingualism and the translation is 50% complete.


ウィキバーシティベータは、いくつかの言語でウィキバーシティプロジェクトを調整することを目的としたグローバルプラットフォームです。 ベータ版は、(英語のライターだけでなく)多くのメンバーの意見を取り入れるために、効率的な多言語ディスカッションシステムを設定する必要があります。

既存のシステム

多言語主義はしばしば一方向の概念です。最初に英語のソースページがあり、次に人々はそれを英語以外の読者が理解できるように翻訳します。 このシステムの主な欠点は、英語以外の作家が議論に参加できないことです。彼らができることは、翻訳されたものを受動的に読むことだけです。

ベータ版で議論されている問題はすべての言語のウィキバーシティに関係しているため、すべてのプロジェクトの参加者が意見を述べることができる必要があります。

提案されたシステム

この提案についての議論はトークページで歓迎されています。

 
1 - 新しいディスカッションを開始する参加者は、それが何であるかについての短い要約を書き、調整の母ページにリンクを追加します。
 
2 - 翻訳者は要約を他の言語に翻訳し、調整ページにリンクを追加します。


 
3 - 各言語のトークページでは、人々が話し合い、意見を述べ、質問をします。 彼らはこれを要約した短い段落を書き、新しいID番号で言語サブページに書きます。 コーディネーションマザーページで、ID番号と概要へのリンクを追加します。
 
4 - Translators regularly check the coordination page and reflect the new summary on their page (with the same ID). They add links from the mother page.


 
5 - Discussion goes on. Each new summary is given a new unique ID number which identifies it on the coordination page and on all language subpages.


Guidelines to make this system work

  • The shorter, the better. Conciseness is the key to efficient multilingual discussions. Long paragraphs will probably not be translated, nor will they be reflected on other language pages. That means the possible ideas / criticisms / questions will not get any attention.
  • Paragraph numbering: Paragraphs should be numbered to be easily identified: first summary is #1, new summaries follow. This means participants have to check the other pages before adding a paragraph on their page to make sure their page is up-to-date and to avoid number conflicts.

このシステムの利点

  • 誰でも参加してディスカッションに参加できます。
  • 参加者は簡潔で、重要なトピックに集中する必要があります。
  • Consensus is likely to occur between all participants, whatever their language is.

Drawbacks

  • This system relies on the number of translators and their efficiency.

Translation

If you are proficient in more than one language, add yourself to the translators list at Wikiversity:Translation.

See also